フリードの買取査定

ホンダのフリードは、コンパクトミニバンとしてトヨタのシエンタのライバル車ですね!

 

ミニバン市場もコンパクト化、コンパクトモデルが人気で、フリード、シエンタの新車販売台数も多く、人気車種として中古車でも需要が高くなっています。

 

特にフリードもシエンタもモデルチェンジ後に同モデルともに人気が伸びたモデルだと言えます。

 

フリードは、初代モデルが2008年から2016年まで発売されています。

 

ホンダのミニバンとしてはステップワゴンは発売から年数も経っていますが、フリードは、2008年からの発売ですのでまだ、年数の浅いモデルで、中古車としても需要が高いと言えます。

 

ここ最近は、コンパクトミニバンが人気になっていることなどからも、フリードの中古車価格も安定していると言えます。

 

フリードの買取査定はと言うと、初代フリードは、モデルチェンジ後は、価格の下落が目立ちます。

 

初代フリードの買取価格は、

 

3万円〜150万円前後です。(当サイト調べ)

 

最終モデルで程度が良い初代フリードは、150万円前後の査定価格が付くこともありますが、値崩れも早いモデルになっているので、日々買取価格も変動していると言っても過言ではありません。

 

初代フリードの中古車はそれほど人気が高いとは言えません。

 

2代目フリード、2016年から発売されているフリードは、年式的にもモデル的にも人気が高く、中古車でも高値で取引されているので、上手に売れば最高額での売却も期待できると言えます。


フリードが高く売れる査定方法

フリードは、初代フリード、2代目フリードでは、人気も中古車買取価格も差が出てきています。

 

フルモデルチェンジ後は、フルモデルチェンジ前のモデル、初代フリードの価格が下落しています。

 

中古車として初代フリードの購入をお考えの方には、価格も手ごろでお買い得感のある中古車も多くなっています。

 

逆に、初代フリードの売却をお考えのオーナーさんには、辛い現実も・・・・

 

初代フリードを査定に出しても思っている価格で売却できないということが起こっています。

 

初代フリードの売却をお考えなら早めの売却と少しでも高く売る為にも売りたいフリードを高く買取してくれる業者を探しましょう!

 

初代フリードを少しでも高く買取してくれる業者探しには、車買取一括査定サイトがおすすめです。

 

2代目フリードも最高額で売りために、複数査定、一括査定が有効なことは言うまでもありません。

 

ですので、初代フリードも、2代目フリードの査定も車買取一括査定サイトで最高額で買取してくれる業者を探しましょう!

 

初代フリード 2代目フリード

フリードの買取相場

フリードは、2008年からの発売ですので、初期モデル、初代モデルの前記モデルでもまだまだ、中古車として販売されています。

 

初代フリード、2代目フリードの買取相場を年代、グレードごとに調べてみました。

 

実際に査定価格、買取価格を参考にしていますが、査定時期や買取時期に多少の差があるので、最新の買取相場とは言えませんので参考までにしてください。

 

初代フリードの買取相場

年式 グレード 買取価格
2016年 G 2WD 85万〜115万円
2016年 Gエアロ 2WD 110万〜140万円
2016年 Gジャストセレクション 2WD 100万〜135万円
2016年 Gプレミアムエディション 2WD 90万〜120万円
2014年 G 2WD 40万〜70万円
2014年 Gエアロ 2WD 65万〜95万円
2014年 Gジャストセレクション 2WD 58万〜88万円
2014年 Gエアークールエディション 2WD 60万〜90万円
2012年 G 2WD 15万〜45万円
2012年 Gエアロ 2WD 34万〜65万円
2012年 Gジャストセレクション 2WD 30万〜60万円
2012年 GH 2WD 25万〜50万円
2010年 G 2WD 1万〜10万円
2010年 Gエアロ 2WD 3万〜20万円
2010年 フレックス 2WD 1万〜10万円
2010年 フレックスエアロ 2WD 2万〜12万円
2010年 Gジャストセレクション 2WD 2万〜15万円
2010年 Gエアロ ジャストセレクション 2WD 3万〜24万円

 

2代目フリードの買取相場

年式 グレード 買取価格
2019年 G 2WD 155万〜188万円
2019年 B 2WD 140万〜170万円
2019年 G ホンダセンシング 2WD 165万〜200万円
2019年 モディーロX ホンダセンシング 2WD 210万〜245万円
2018年 G 2WD 145万〜180万円
2018年 B 2WD 135万〜167万円
2018年 G ホンダセンシング 2WD 158万〜195万円
2018年 モディーロX ホンダセンシング 2WD 200万〜240万円
2017年 G 2WD 140万〜175万円
2017年 B 2WD 130万〜162万円
2017年 G ホンダセンシング 2WD 153万〜187万円
2016年 G 2WD 138万〜170万円
2016年 B 2WD 125万〜160万円
2016年 G ホンダセンシング 2WD 150万〜185万円

初代フリード買取に有利な査定

初代フリードは、2008年から発売されれたホンダのコンパクトミニバンでファミリー層に人気のミニバンとして2016年まで8年間発売されています。

 

初代フリードは、モビリオの後継モデルとして発売されました。

 

3列シートモデルと2列シートモデルが発売されるなど、顧客の選択の幅も広げ、販売台数もそこそこ多いミニバンとして販売台数も多く、中古車市場でも需要が高いモデルでした。

 

ただ、2016年にモデルチェンジされたことで、初代フリードの人気、需要も低くなったことで中古車販売価格も下落しています。

 

ですので、初代フリードの売却の際の査定では、モデルチェンジ前よりも大幅な査定価格、買取価格の下落が見られます。

 

初代フリードの査定や売却は、日に日に悪くなる傾向にあると言えます。

 

自動ブレーキの非装着やモデルチェンジ後のモデルの人気などが響き、初代フリードの中古車価格の下落が目立ちます。

 

2016年まで発売されているミニバンで年式的には中古車として需要は高いモデルになりますが、売却の際の査定価格に不満を持たれる方が多い車種とも言えます。

 

そこで、当サイトでは、初代フリードの有利な査定、少しでも高値で買取してくれる業者を探せる査定方法を紹介しています。

 

初代フリードは、ディーラー下取りや査定よりも売却するフリードを買取したい業者に売ることが高く売れやすいと思います。

 

初代フリードの中古車を買取したい業者が簡単に探せる査定方法としておすすめなのが、車買取一括査定サイトです。


2代目フリード買取に有利な査定で最高額で売る

2代目フリードは、2016年のモデルチェンジされたフリードで、性能の向上、ハイブリッドカーで燃費アップや前モデルの不満点を改善しての発売で、発売後すぐにコンパクトミニバンとして人気になりました。
しかし、同時期にライバル車のシエンタのモデルチェンジやコンパクトミニバンと言えるかはわかりませんが、トヨタのルーミーやタンクの発売で、ユーザーの選択も多く、フリードは苦戦を強いられています。

 

コンパクトミニバン市場は、全体の販売台数は増加していると言えますが、ライバル車も増え、新型フリード、2代目フリードは、シエンタには新車販売台数は若干下回っていますが、新車販売台数の上位で推移している人気車種、モデルだと言えます。

 

旧フリードからのデザインチェンジで、見た目の良くなり、走行性能、燃費性能の向上、ハイブリッドモデルの投入など、2代目フリードは、ファミリー層に人気があり、中古車でも高値で取引されています。
2代目フリードの買取価格は、高値で安定していますが、売却先や査定方法で、10万円以上の買取価格の差も出ています。

 

2代目フリードの買取査定は、査定に出す業者が重要になると言えます。

 

フリードの買取にそれほど興味のない中古車店に査定に出して交渉しても高値での買取は見込めないでしょう!

 

それなら、2代目フリードの中古車買取に積極的な業者を探して査定に出せば、高値、最高額での買取も期待できますね!

 

ただ、ここで問題なのが、2代目フリードの中古車買取に興味のある業者探しだと言えます。

 

それを誰でもが可能にできる方法として、車買取一括査定サイトがあります。

 

無料で利用できるし、登録した車種、モデルの買取に興味のある業者から連絡、査定依頼が来るサービスですので、

 

2代目フルードを高く売る査定としてはおすすめです。